無痛分娩

無痛分娩とは

心理的作用にて陣痛の痛みを軽くする(いわゆる母性の醸成を行う)
ソフロロジー分娩を行っていますが、痛みに対する感受性のレベルには大きな個人差があり分娩経過中にも実際の痛みは予測よりはるかに強く感じる事があります。

これ以上の痛みはどうにも我慢できない、という人は途中で硬膜外麻酔による無痛分娩も
セーフティーネットとして考慮しています。ご希望の方は、お申し出ください。


一度背中にチューブを挿入しておけば、あとは必要に応じてチューブの先端にとりつけた
注射筒から麻酔薬を追加できます。